新潟出身の19歳ガチ処女と号泣、流血セックスした体験談Part.2

質問。
あなたはこんなギャル達が出会いを求めているのに無視し続けるつもりですか?

↓このギャルの実体験談はこちらをクリック↓ gyaru

19歳ガチ処女を自宅へ泊めることになり、、
ついに就寝時間、、ディープキスが始まり、、
いよいよセックスへ。。という展開へ。

(前回の体験談の続きです。)

「痛くない?大丈夫?」

「んっ、、ちょっと痛いぃぃ」

下着の上からゆっくりゆっくりまんすじをなぞる、
穴の周囲を触っているとどんどん熱くなってきて、、
ヌレヌレの状態に。。

「あいりちゃん、気持ちいい?」

「んー、気持ちよくはない。怖いぃ。」

処女のめんどくささよりも処女喪失セックスができる
という興奮が勝っていたためそのまま下着をずらす。。
上着も脱がし、、処女の体が全開に。

「お願い、、電気消して。。」

「えっ?いいじゃんいいじゃん。
体めちゃくちゃキレイだし大丈夫だってw」

やっぱり処女の乳首はキレイ。。
そして、指を入れる前にまずは、、
ってことでクンニ開始。
おまんこは信じられないくらいピンク色だった。

小さいなクリトリスを舌先で舐めまわし
吸いだすようにちゅぱっちゅぱっ吸いまくる。

「だめぇっ!見ないでぇ。。恥ずかしいぃ、死にたい、、」

照れるあいりちゃんのおまんこを
舐めまわす事20分。
そろそろ大丈夫だろうってことで指を一本入れる。。

「んんっんっんっんっ。。」

少し感じているようだったのでゆっくり中を
かき混ぜ始めると、、

「あんっ、ちょっと痛いぃ、、変な気分。。
んんんっ、あんっあんっ。」

処女が顔を真っ赤にしながら抱きついてきて、、
喘ぎ始めた様子を見て興奮が最高潮に達した私は、、
そのまま挿入することに。。一応ゴムをつけました。

「痛かったら言ってね?」

「うん。。◯◯君、あいりの事好きぃ?」

「え、うん。好きだよ。(ウソ)」

「あっぁんっゆっくり、、入れてぇ。。」

クンニをしまくったおかげか、、
思いの他、根本まで全てが処女の中へ入った。
少し深いところに処女膜があったので奥を
突きまくる感じで一気にぶち破る。

「あ゛ぁぁぁっ痛いぃぃ!痛いぃ!!
んっんっんっんんんっ!」

しばらくは痛がってたけど、、
そのまま泣きながらしがみついてきました。

「んっんっんっんっ、、、んっ」

号泣しながら抱きついてきて、、
ディープキスしてくる19歳の処女。。
こんな状況はもうないだろうな、、と思うと
興奮が倍増してきて、、わずか10分くらいで発射。

ドクンッドクンッドクンッ

「あれ、、◯◯君出ちゃったの?」

「うん、気持よかった♪」

「えー、よかった♪気持ちよくなってくれて♪」

股間を見てみるとと当然ですが流血。
拳くらいの大きさの流血が敷いていたタオルに染みこんでました。

「今日はこのまま寝たい。。」

と抱きついてきて笑顔のあいりちゃんを抱きしめて
二人でそのまま朝まで爆睡しました。
この日を境に処女→性奴隷への道へと進むことになるあいりちゃん。

性奴隷への開発方法はまた記事にします。
とりあえずギャルの処女喪失セックスは最高です(・∀・)w

saito

コメントを残す